GFX50S IIとGF35-70mm F4.5-5.6 WRで散歩


GFX50S II+GF35-70mm F4.5-5.6 WR NOSTALGIC Neg.

散歩と言うわりにはなかなかの重装備にはなりますが、GFX50S IIを持って行きつけの山奥へ車でGO。


CLASSIC Neg.

購入当初の撮影で、使い勝手も従来のX系とは違うので感覚が違ってリズム良く撮影は出来ませんでした。

大して変わらんだろうと思っていましたが、なかなかどうして、勝手が違いますね。

そもそもがズームレンズに慣れていないので余計に戸惑いました。

そんなこんなで、カメラ&レンズとギクシャクしながらの関係で撮り進めました。

家に帰って現像ソフトに取り込んで見ると、やはりラージフォーマットセンサーならではの写りの余裕を感じますね。
(あくまで個人的な感想ですけど)

そして解像度は流石な塩梅で、5000万画素ならでは写りです。

自分は特別解像度至上主義では無いのですが、ラージフォーマットを手に入れると、ついつい等倍鑑賞しちゃいますね(笑)


この木を等倍で見た時の解像具合は流石に唸りました(笑)


ACROS+G

モノクロの雰囲気もいい感じです。

GFX50S II 特有の「シュコーン」っていうシャッターフィーリングも個人的には好きです。

まぁ、官能的なフィーリングはX-Pro3ですけども。

ブラックアウトの時間も長いので、より、ゆっくりまったりな撮影になります。

穏やかな時間が流れるので、個人的にはこのカメラとの相性はとても良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *