あごのせ猫枕 中編


FUJIFILM X100V

うちの窓ガラスは上部を除きすりガラス状になっているので外が見えない。
子猫は室内飼いで外には出さないので少しでも外の景色を見せてやりたいと思って高さのあるキャットタワーを購入。

ちなみに、キャットタワーは、田舎の人間御用達、猫も杓子も大好きなカインズホームセンターで購入しました。

ただ、購入当初はまだ猫も小さく、全て組み立てると万が一足を滑らして落ちると危険なので、様子を見ながら組み合わせをカスタムして徐々に段数を上げていった。

そんな感じで子猫の成長に合わせて段数を増築して完成形になった頃の話。

~~~~~~~~~~

そういえば、最近、キャットタワーの展望台下の五段目のところでよく寝ているので、試しにそこに猫枕を置いてみた。

ある日、何気なくキャットタワーを見ると…、

おおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~っ!!!

あご、乗っけてるよね!?

と慌ててカメラを手に持つ。

気が付かれて振り向かれると困るので、そ~っと、慎重に。

間違いなくあごをのっけてる。

本当に名前の通りあごをのせるのね(笑)

なんか、感動(笑)

兄弟猫・姉妹猫がいれば寂しくないだろうけど、1匹なのでね、
この猫枕がよき相棒になってくれる事を願うばかりです。

【後日】

さらに顎を乗っけてる!!!!

抱き抱えているではないかっ!!!

めっちゃ気に入ってる!!!

超・感動!!!

【悲報…】

感動したのも束の間…

後日、下界へぶん投げられていました…

キャットタワーの二段目にそっと置いておきます…。

「あごのせ猫枕 後編」に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *