俺流・肉野菜炒め

前回の出川哲郎シェフ、もとい、野永喜三夫氏の豚肉の焼き方を参考に肉野菜炒めを作ってみた。

味付けはいつも創味シャンタンをベースに使っているのだが、今回はそれにプラスして生姜とニンニクを擦り下ろして醤油にあわせてみた。

肉野菜炒めだけど、生姜焼きの味もしてニンニクの風味もあって、俺史上の最高傑作が誕生した。

今まで作った肉野菜炒めはまあまあ旨いけど何かが足りない感じの味だったのだが、今回のは店の肉野菜炒めとは違うけど、これはこれで最高に旨しな自画自賛な塩梅になった。

いかん、写真を見ながらその味を思い出していたら、よだれが…(笑)

今まで、肉野菜炒めを何回作っただろうか?
数十回、いや百何十回は作ったであろう歴史の中で一番うまかった。

ってか、大袈裟だな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *