【悲報】感度分の16でX100Vのセンサーのゴミを発見してしまう…

X100V
FUJIFILM X100V

タイトルのとおりなのですが、写真家の渡部さとる氏の「感度分の16」を何気なく試していたら、センサーのゴミを発見してしまった…。

絞りをf16にして青空を撮影。

鼻歌まじりで撮った写真を見ていたら、思わずブタっぱなが出てしまった。

画面の左斜め下、19時の方向に薄黒い点が写っているではあ〜りませんか。
(上の写真ではありません)

X100Vなので掃除のしようが無い。

F8で再度試したらゴミは写らないのでまぁ良いかなと。

フィルムカメラと違い、デジタルでの普段の撮影ではF16まで絞ることは無いので。

ゴミがセンサーに乗っているのは気持ちの良いものではありませんが。

色々とググってみたら、X100Fでセンサーにゴミが付着した方がいて、その方はバッテリー室内に隙間を発見してそこをブロアーで吹きまくったら消えたらしい。

試してみたい気もするが、ブロアーを吹いてさらにゴミが付着して、絞りが浅くてもゴミが目立ったら目も当てられないので、ひとまずそのまま経過観察しようと思います。

しかし、ブロアーでゴミが取れるってことは逆も然りで。
そこの隙間からゴミが侵入していく可能性があるのか…。

常用F値でセンサーゴミがバシバシと目立ち出したら嫌ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *