X-Pro3を購入して数日使った感想

X-Pro3
FUJIFILM X-Pro3 + XF35mmF1.4 R

好き勝手にカメラに関する事を書いたり普通の日常の写真を載せているだけのブログではありますが、本年も宜しくお願い致します。

X-Pro3
FUJIFILM X-Pro3 + XF60mm F2.4 R

X-Pro3を購入してから毎日ご機嫌に愛機を愛でておりますが、X-Pro3を使ってまず一番に驚いたのがAF周り。

XF60mmでのAFの食いつきがかなり良くなった(俺氏感覚X-T2比)

逆説的に、

「時代が彼に追いついた」

ならぬ、

「中身がレンズに追いついた」感満載のAFの進化。

正確には、「中身の進化がレンズのポテンシャルを引っ張り上げた」でしょうが、細かい事は気にしません。

手持ちの純正レンズはXF35mmF1.4とXF60mmしかありませんが、X-T2では近距離において片方は「亀」、もう片方は「ノロマな亀」的なAFスピードだったのが、X-Pro3になり「小走りな亀」と「昼下がりの競歩な亀」ぐらいのAF速度になりました。

亀だと分かりにくいよ~って方には「子キョン」が「子鹿」ぐらいに進化したと言ったら分かりやすいでしょうか。

この辺の感じ方は持ち主それぞれで違うと思うので、あくまで自分の主観的な感覚であることをご理解いただきたいと思います。

自分自身、今まで爆速と言われるようなAFレンズを使った事がないので、AF速度の速い遅いはあまり分かりませんが、XF35mmで時折生じる、「一瞬~ひと呼吸」ぐらいのAFの迷いとXF60mmで時折生じる、「時空が歪んでる?」的なAFの迷いがかなり減った気がします。

速度だけでなく今までならさっさとピント合わせを放棄していたシーンでの合焦確率が上がりました。

XF35mmF1.4に関しては元々屋外での撮影時には特に不満はありませんでした。
XF60mmも屋外での被写体との距離ならば、ほぼほぼ問題なくAFで撮影できると思います。
(AF-Cを駆使する方は除く)

XF60mmに関してはX-T2ではMFモードでAF機能を駆使して撮影していましたがX-Pro3では何も考えずにAF-Sモードで撮影できそうです。

まぁ、屋内屋外に関わらず、元々の撮影スタイルがじっくり&ゆったりで、時々、気軽にサクサクOVFモードを使うぐらいなので、あまりAFスピード自体は気にしていませんでしたが、それでもAFの進化は気分良くリズム良く撮れるのでありがたいですね。

次に話題の背面液晶について。

これは予想通り、「まあまあ、煩わしい」ですね(笑)。

ま、これは買う前から分かりきっていた事なので、別に不満とかってわけではなく、ただ単純に面倒だなって事ですね。

X-Pro3には物理的なショートカットボタン(Fn)の割り当てが少ないので、Qボタンでクイックメニューを呼び出したり、マイメニューに登録したのを呼び出したりする機会が多いので、どうしてもそう感じてしまいます。

単発な変更時はEVFを覗いて、複数の変更時には潔く背面液晶を開いて変更しています。

撮影後画像のチェック等は基本的に背面液晶では行なっていないのですが、たまに雰囲気等を確認することはありました。
しかし、液晶が背面の向こう側になったおかげで、良い意味での開き直りじゃないですけどリズム良く次に進めて個人的には嫌いじゃないです。

この一枚はかなり手応えがあったかもって時はEVFを覗いて確認しますし。
老眼なもんで、背面液晶ではもうイキフンしかわからないので(笑)

アラフォー半ばから老眼が進み、アラフィフ、と言うか直フィフな歳になって近くも遠くも見えなくて困ります(笑)
おかしいなぁ、11年前はまだギリ三十代だったのに…。
って、おかしくないか(笑)

自分の中では将棋の羽生善治世代と思っていますが、人によってはナイナイ岡村世代、博多華丸世代でしょうか。
初めて知りましたが、TMレボリューションのボーカルの人も同学年みたいです。
もっと年下かと思っていました。
地味にオッサンなんすね。

一世を風靡した光GENJIの諸星氏も同級生なのか。
調べるといろんな人が同学年にいますね。

話が逸れましたので、時を戻そう。

液晶が裏向きだと指紋等の脂が付く煩わしさも少ないし電源を切っていてもバッテリーの残量が分かるしで、なんだかんだで良いのかも。
液晶を閉じた時にパフってなるパフ感も好きですし。

買う前の不安要素としては、X100VもあるしX-T2もあるし同じ富士機だしで、最初は物珍しくて興奮するも結局なんだかんだでチタンな見た目だけしか変わらないってなるのかなって思いもありましたが、そんな稀有な不安も杞憂に終わりました。

撮影しながらチタンな外装を触ってはニヤニヤ、撮影の移動中、首を下に傾けて軍艦部をチラ見してはニヤニヤ、シャッター音を聞いてはニヤニヤ。

家に戻ってMacに取り込み現像ソフトの大きいな画面で見てはニヤニヤ。

意味もなくニヤニヤして顔面が挙動不審です。

X-Pro3を買ってまだ日が浅いですが、自分にとっては間違いなく満足度の非常に高いお気に入りのカメラですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *