落石注意 (その2)

FUJIFILM X-T2 + XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-T2 + XF35mmF1.4 R CLASSIC CHROME

以前のX-T2のセッティングはクラシッククロームだと、ハイライトとシャドーをプラス1にして、トーンカーブで言うところのS字曲線を強調するような形でセッティングをしていた。
ノイズリダクションは最弱でシャープネスは0かひょっとしたらプラス1。
最近は設定を変えたので、この写真を撮った3月の時点での細かい設定は忘れてしまったが。

X-T2
CLASSIC CHROME

XF35mmF1.4 R
Velvia


CLASSIC CHROME

改めて見直すと写りが結構パキパキ。
枯葉等の雰囲気は嫌いでは無いのだが。
CLASSIC CHROME自体が強めの画作りなので状況(被写体)に合わせてセッティングをちょっと変えたほうが良さそうですね。

都会での自分の撮影スタイルは「路地裏哀愁散策系」なので、若干アンダーな沈んだ雰囲気の写真ばかり撮っていたから上記のセッティングでもよかったのだが。

まぁ、被写体が「都会の喧騒の裏の静けさ」から「田舎の自然の中の静けさ」に変わっても基本的なものは変わらないでしょうけど(笑)

最近、「FUJIFILM X RAW STUDIO」と言う富士フイルム謹製のソフトをダウンロードしてたまに使うのだが、使いにくさ(色温度の変更が特に)は別にして、カメラのセッティングをパソコン上で色々と試せるので面白い。

フィルムシミュレーションはもちろん、トーンカーブやホワイトバランス、ダイナミックレンジにグレインエフェクト等様々な設定を変更してカメラ内現像の違いを試せる。

ただ、いちいちカメラをパソコンに繋ぐ面倒くささがあるのですが。

それでもカメラ内で設定を変えてはRAW現像するより遥かに楽だけど。
画面も大きいのでその場で違いがわかるし。

その「FUJIFILM X RAW STUDIO」で試すとシャドーを1動かすだけで結構変わるのねって今更ながら気が付いた(笑)
X-T4はトーンカーブを0.5単位で変更できると知って、なるほどねと思った。

X100VとX-T2のフィルムシミュレーション毎のセッティングをあれこれ考えているのですが、このソフトは自分が以前に撮った写真を使って色々と変更出来るので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *