944万ドットのEVF

X100V
X100V クラシックネガ

X100Vのファームウエア情報とか無いかなとネットを漁っていたら某infoさんのサイトで、なにやらソニーさんの新型?、後継機?、ただのウワサ?、か分かりませんが944万ドットのEVFの情報が。

クラシックネガ

クラシックネガ

すごいですね、うちのX-T2は236万ドットでX100Vは有機ELの369万ドットですから。
二台足しても届かん(笑)

ほぼ1000万ドットの世界はどんな風に見えるのだろう。

単純にドット数が多ければ良いってもんでも無いでしょうけど。

X-T2は236万ドットだけど画面が大きいので見やすいですしね。
あと、アイピースも元々が深めで、かつ、オプションで更に深いヤツに変えて光の回り込みも防げているので見やすいってのもあるとは思いますが。

スマホ全盛な昨今ですが個人的にはファインダーを覗いて撮るのが好きなので、このようなファインダーが出てくれるのは非常に嬉しい。
何より老眼が進むと背面液晶だとよく見えないので、ある意味EVFは必須なんですよね。
近づくとボケるし、離すと何が何だか分からんしで本当に老眼は厄介(笑)

自分は確か40代半ばくらいから老眼が始まったかな。
最近はもう老眼生活に慣れていますけど(笑)

デジカメが売れない時代ですから各社動画機能を強化したり、FUJIFILMのようにフィルムシミュレーションを搭載したりと様々な取り組みをしていますよね。

多分、カメラがここまで進化してくると、画質そのものよりもカメラに付随する付加価値的要素が重要なんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *