木と影と

000385410024
OLYMPUS XA3 efiniti Uxi 200

カラーのフィルムの色や雰囲気がとても楽しい今日この頃ですが、ひそかにシミュレートしているのがモノクロ。
カラーフィルムの写真をPhotoshop Elementsに放り込んで色を削除してモノクロの塩梅を確認している。

こんな感じで↓
mo000385410024

モノクロはなかなか難しいけどRollei35のテッサーレンズで遊んでみたい。
もちろん、Rollei35Sのゾナーレンズでも面白いとは思うけど。

mo14012507
↑こちらは、先日の記事のRollei 35の写真をモノクロに。
一応、自動のレベル補正をかけましたが、やはりテッサーレンズは素晴らしいですね。

色々と確かめてモノクロに良さそうな被写体のイメージが出来たら、そのうちローライ兄弟に詰めて撮ってみたい。

木と影と」への2件のフィードバック

  1. ひなちょん

    カラーもいいけど、モノクロはさらに雰囲気が良い感じですね^^
    私の持ってる珍品カメラが、確かテッサーレンズだったと思います。
    今日比較的お天気が良かったので、早速珍品とフォクトレンダー連れて撮影に行って来ましたよ。
    うん、目測の距離感がとっても怪しい感じですね(笑)
    どう撮れているのか楽しみです。

    返信
    1. Photo714Photo714 投稿作成者

      ひな氏、

      モノクロは濃淡だけなので光りの捉まえ方が難しいけど、フィルムだと粒状感と相まって余計に雰囲気がいいですよね。
      そうそう、Zeiss Ikonですから、天下の Carl Zeiss製の名レンズ、テッサーが装着されているんですよね。珍品なのにw
      Carl Zeissのテッサーと言ったら、これまた名門のLeicaの名レンズ、エルマーの原型だとか。兎に角テッサーは、当時、世界最高峰のレンズなのです(たぶんw)
      近距離での目測は難易度高しですよね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。