キャットタワー


FUJIFILM X100V

うちの子は何にでも好奇心旺盛で(猫は基本そうですね)、えらいビビリなくせに恐る恐るあっち行ったりこっち行ったり、上に登ったり手の届かない所にもぐったり。

自分が見ている時は廊下や台所、パソコンの置いてある部屋等を開放していますが、目を離すと物を落としたり、食べたり、噛み切ったり等、何をするか分からないので基本的には6畳の仏間が日々の生活ゾーン。

なので、少しでも運動して(遊んで)欲しいのと、外の景色を見られて退屈しないようにと高さのあるキャットタワーを購入。

購入当初は猫の運動能力を見ながらこんな感じで設置。

様子を見ながら段数を重ねていき、

最終的にはこんな感じに。

一番上の展望台からは子猫様にしょっちゅう、見くだされ…、もとい、見下ろされています。

窓を開けれは下の段からでも外は見られますし、

子猫様の気分に合わせて色々な場所でくつろげる快適空間になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *