シンメトリーてきな

ac-XT200523

バックの流れがどうとか言うより雰囲気のあるトーン、デジタルっぽくない感じとかに惹かれる。

Summitar先生は幅のある描写が面白い。

「おぉっ!」ってな画を出してくれたかと思ったら、「ふつー」ってな写りを量産したり。

まぁ、普通を量産するのは持ち主の力量不足ですけど…。

コメント

  1. ショウ より:

    はじめまして、ショウと申します。
    以前からRSSフィーダーからよく拝見しておりました。
    つい最近Summitarを入手しました。
    ポチるまでこちらの作例をよく見て勉強させて頂いていました。
    特に少し前のベンチの写真(カラーの方)は素敵でした。
    今日のエントリーにもある通り、おぉっ!という絵が出てくる時があるのでこのレンズ非常に楽しいですね。
    今3年目のX-M1で遊んでいますがX-T2狙っています笑
    これからも素敵な写真、楽しみにしております。

    • Avatar photo Photo714 より:

      ショウさん、はじめまして。
      ようこそお越しくださいました。

      Summitarを購入されましたか。
      面白いですよね、Summitar。
      年代によって細かな仕様が違いますし、オールドならではの個体ごとの描写の違いも味ですし。

      Summitarはほんと描写の幅があって、開放でも絞ってもそれぞれに楽しさがあるなと思っています。

      おっ、X-T2にいかれますか。
      今のところX-T2とX-Pro2にしかありませんが、ACROSはやはりいいですねー。
      個人的にはこれだけでもX-T2(X-Pro2)を買う価値があるのではと勝手に思っています。
      高いですが…。

      >これからも素敵な写真、楽しみにしております。

      ありがとうございます。
      細々と、粛々と、風任せ(笑)に更新しているブログではありますが、宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました