フジノン XF14mmの重量とか使い勝手

DSCF1975
FUJIFILM X-Pro1+XF 14mm PROVIA

買う前にどこを調べても不思議なことに記載されていないフジノン XF 14mm の重量。
公式サイトにも一切記載されいない…なぜ(笑)

って事で、XF14mmの重量を量ってみました。

レンズ本体:233g、フード:15g

我が家のX-Pro1に装着しての重さは大体725g(カメラの純正グリップ無し)
親指&純正ハンドグリップ込みの重量で大体850g弱。

XF14mmの絞り環(絞りリング)はXF35mmの絞り環のトルクに比べてかなり軽い。
しかも多少上下にがたつく。
(色々とググったらどうやら仕様のようで)

でも、ノーファインダーでMFで距離指標を見ながらフォーカスリングを動かしつつ、絞り環を動かすときには丁度良い(軽さ)トルクかもしれません。

あとXF35mmやX100Sのフォーカスリングとは違い、グルグルと回り続けないでちゃんとに終点があるのいいですね(笑)

ヘリコイドのトルク感はXF35mmよりイイかも。
ノクトン先生とかのヌメーっとした抜群のトルク感にはかないませんが中々でしょう。

あと、一番驚いたのがAF。
XF35mmのマッタリなAFに慣れているので、サクサク、ピッピッと合うXF14mmの合焦速度に驚きます。
以前量販店で試し撮りはしましたが、実際にフィールドに出て見ないと分からないよなと思っていたので、実際に外でXF14mmを使ったときの合焦速度に感動しました。
「やりゃ、出来んじゃ~ん、このこの~」って(笑)

そんなに試してはいませんが、X100Sでのスナップ並みにサクサクとシャッターを切れます。
XF35mmでは合焦をあきらめていた単一の色が多いシーンでも比較的イイ感じでAFが効きますし。

まぁ、XF14mmは一応、超広角の分類なんで少し絞ればほぼパンフォーカスでしょうから、AF速度も必然的に速いのでしょうが、ペケプロのマッタリな感じに慣れてる私からすると、無駄に感動してしまいます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。