X-Pro1とフルサイズ(D700)で比較してみた

DSCF1701-1
FUJIFILM X-Pro1 + XF 35mm F1.4 R 開放

以前にもD700とX-Pro1でボケの塩梅を軽く見たのだが、今回も軽く比べてみた。
あえて被写体の向きを変えて撮ってみた。
どっちが優れてるとかでは無く、雰囲気の比較って事で。

DSC_2088-1
Nikon D700 + Ai AF Nikkor 35mm F2D 開放

D700のほうは35mmのF2のレンズでX-Pro1は35mmのF1.4なので、換算した画角は約50mmでF値的にはざっくりとF2ぐらいでしょうか。
このへんについては焦点距離やら焦点深度(被写界深度とはまた別)やら色々とあるので一概には換算評価は出来ないとは思いますが、今回はざっくりと。

X-Pro1のほうはLightRoomでRAWを現像しましたが、LightRoom4.3ではX-Pro1のセンサーに最適化されていないので、シャープとシャドーを気持ちシメて調整しています。

D700ならどこでもピントは瞬時にバシバシ合いますが、X-Pro1だと室内の光の中で寄りの写真だと結構迷うので、MFで拡大表示を織り交ぜてピンを出すケースが多いです。

まぁ、その辺は慣れてしまえばそれほど苦になりませんが、ラーメンとかダッシュで撮って食いたい時くらいですかね、軽くイライラするのは(笑)

X100Sだと同じようなシーンでは、AF速度は遅くなったりしても粘ってピントを合わせてくれるケースが多いですね。
X-Pro1だとすぐにあきらめてしまいますが(笑)

Nikkor の35mm F2DはFXレンズの中では安価で普通の描写なんでしょうけど、コントラストが強くて開放での周辺減光も味があって個人的には好きなのですが、X-Pro1のXF35mmレンズも改めて良いレンズだなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。