FUJIFILM X-T2 + XF60mm F2.4 R CLASSIC CHROME

ここ最近、ぐっと冷え込んできました。

せっかくなのでXF60mmで撮ってみた。

CLASSIC CHROMEで撮った後にカメラ内RAW現像で比較したいフィルムシミュレーションを当ててみた。


ASTIA


PROVIA


PRO Neg. Std


ACROS

VelviaとPRO Neg.Hiは今回は現像していません。

Velviaは今回のシーンでは違うかなって事で、PRO Neg.Hiはそれを選ぶならCLASSIC CHROMEを使うかなと(今のところ)。

それぞれに味があって良きでございます。

あらためてASTIAの良さを再認識。

「あらためて再認識」とか若干、「頭痛が痛い」的なニュアンスになってますが、気にせず進みます。

PRO Neg. Stdの雰囲気もいいです。

野球解説の掛布さん的に言うと、

「フォワストストライク(初球のストライク)を見送る勇気があるかどうかです、えぇ」

ならぬ、

「ぱっと見の見栄えの良い彩度の高い画像を見送る勇気」

でしょうか。

CLASSIC CHROMEやX100Vに搭載のCLASSIC Neg.もいいですが、秋冬の寂しい雰囲気ではPRO Neg. Stdも良いですね。

あとはETERNAの使い所を模索中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *