富士のX100SのOVFの見え具合

R0011650
覗いた状態

R0011651
シャッターボタン半押しでパララックス補正(右下にブライトフレームがずれる)

R0011652
で、撮影後にファインダー内に表示されるEVF画像

昨日見たα7のEVFに軽く衝撃を受けたので、FUJIFILMのX-Pro1&X100SにはOVF(光学ファインダー)があるぜって事で、負け惜しみで撮ってみた(笑)

X100Sを三脚にセットしてファインダーにコンデジを押しつけての撮影なんで、若干プルプルしながらの撮影です。
あと、コンデジをマクロモードにするのを忘れていたのが悔やまれます。
入射角の問題でファインダー内の全体の見え方がイマイチですが、人間の目は優秀なので目で見た方がもっと全体的に綺麗に見えますので念のため。

たぶん、このX100Sの35mmの画角がOVFと撮影後の画像とのズレ(遠近感的な)が無く、OVFの見た目通りの大きさで撮れるような気がします。

α7のEVFは確かに見やすいけど、X100SのOVFだって絞っての遠景ならイケるんだからねっ!的な撮影でした(笑)
α7のEVFは屋内の蛍光灯下で少ししか覗いていないので、実際、屋外の自然光下で覗いたら更にスゴいのかもしれませんけどね(笑)
まぁ、個人的にOVFが好きだよってことです。
EVF使用率の方が高いなんて口が裂けても言えませんけど…。

しつこいけど、X-Pro1とX20のOVFに続きます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。