X100Sのフィルムシミュレーション(ネガ&モノクロ)

PRO Neg. StdのRAW
FUJIFILM X100S RAWからストレート現像

自分用の確認的な感じでフィルムシミュレーションの撮り比べをしてみました。
X-Pro1だと5種類のカスタム登録が出来るのですが、富士特有のフラッグシップ機との差別化なのでしょうか、X100Sでは3種類しかカスタム登録が出来ません。
なので、すぐに呼び出せる設定はPRO Neg. Std.、PRO Neg. Hi、モノクロ+Yの3種類を登録してあります。

PRO Neg. Std
PRO Neg. Std.(シャドートーンのみ+1)

PRO Neg. Hi
PRO Neg. Hi(シャドートーンのみ−1)

モノクロ+Y
モノクロ+Y(シャドートーンのみ+1)

カスタム登録が5種類あれば基本のPROVIAとフィルター無しのモノクロを登録するのですが、まぁ、フィルムシミュレーションはカラーならネガの2種類、モノクロならYフィルターしか使わないと思うので3種類でも問題ないのですが。
VSCO Filmを当てるならRAWですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。