X100Sのマクロ開放とf2.8

DSCF0190-1

FUJIFILM X100S マクロ開放 f2.0

FUJIFILMのX100Sでのマクロモード開放は、かなりのソフト描写。
1段絞ってf2.8にすると、ちょいとキリッとしてきます。

DSCF0193-1

f2.8

あと、色々いじったりマニュアルを見たりして気がついたそこそこ便利な機能というか設定を。

【モニター晴天モード:Qボタン長押し】
どピーカンな晴天では液晶が見やすくなるかも。

【MFアシスト切り替え:コマンドレバー長押し】
X100Sの背面右側上部にあるコマンドレバーをMFモード時に長押しすると、MFアシストのモードが切り替わります。
(スタンダード→フォーカスピーキング→デジタルスプリット)

被写体によって切り替えたい時に便利ですよね。

拡大倍率が違うのもマニュアルで知りました。
(フォーカスピーキング > デジタルスプリット)

【再生時に詳細撮影情報表示:コマンドレバー右】
カスタムの設定やフィルムシミュレーションを確認するときにこの詳細表示を見ます。
また、ここでAF位置も確認できます。
(コマンドレバープッシュでピント位置を拡大)

あとは絞り優先AEモードでコマンドレバーを左右に押すと、F値が1/3段ずつ変わるので注意。不用意に触れて変わってた時があったので。
ただ、私の場合、親指グリップを付けたので、もう大丈夫かもしれない。

【小言的な事】
X-Pro1にしろX100SにしろMFではフォーカスリングが無限で回ってしまい、終点がわかりにくいのがアレですが、その辺は体を前後フォーカスで一旦ピントを合わせてから再度リングを回して終点かどうかを確認していますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。