フジノン XF 18mmF2 R も密かに…

DSCF1116-2

FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R

XマウントのXF18mmF2 R も良いレンズだよな~。

XF14mmレンズの記事でも書きましたが、この広角ならX-Pro1のOVFでサクサク撮ったら楽しそうなんですよね。コンパクトなレンズだし。
距離指標(距離表示)があれば更に良かったのですが。
パララックスも35mm(換算50mm)レンズに比べたら少なそうだし。

しかも、このXF18mmはF値がf2のいわゆるひとつの大口径レンズなので寄って背景をぼかす事も出来るし。
寄って良し、引いて良しのナイスなレンズなんですけどねぇ…。

 

ただ、18mm(換算27mm)の画角はGRD4(GR DIGITAL IV)教授の聖域なんでね、踏みとどまっておりまするる。

それに、レンズが一杯あっても「いちスナップ行脚」ではそんなに換えないしなぁ~ってのが正直なところ。
換えようと思っても面倒くさくなってしまうんだよねぇ…w

超広角、広角、標準、中望遠あたりを揃えたら楽しそうですが、自分みたいな「その辺散策スナッパー」は結局35mmと50mmの2本があれば事足りるんですよね。

あとは小脇に28mmのGRD教授がいれば、ほぼ完璧。
たまに85mm界隈の中望遠が欲しくなりますが、それを付けっぱなしだと画角的に窮屈な事も多いし。

35mm(換算50mm)レンズで撮っててもちょっと窮屈なシーンもあるので、そんな時は23mm(換算35mm)が丁度イイんですよね。

逆に23mm(換算35mm)レンズだとちょっと広すぎるなぁって時は35mm(換算50mm)がイイ感じです。

このちょっと窮屈とちょっと広すぎるって感じは無理すればその1本で足りるので、気分で23mmと35mmレンズを選んで散歩スナップに行くのが一番の理想。

散歩の行きは23mmで帰りは35mmってのも面白そうですし。

ただ、X-Pro1のOVFの価値を無理に引き出そうとする自分がいて、そのためには広角じゃね?みたいな自分がいて。
自分のスタイルだとそんなに置きピンやパンでバシバシ撮らんのに…。
本来、散歩しながらゆっくりと写真を撮るのが自分のスタイルなんですよねぇ。

でも、X-Pro1のOVFは覗くと気持ちいいのですよ。すっきりした見え方で。
このOVFでもっと撮れたらなぁって希望があるので広角が気になったりと。
14mmとか18mmなら新しい撮影スタイルが出来るかなぁなって思いもちょっとあって。

まぁ、まずは来年出るであろうXF 23mm待ちですね。
f8くらいに絞ってOVFで散歩スナップとか。

また、Mマウントアダプターとか使ってコシナの「Sonnar」とか、「Distagon」とかを装着して描写の違いを楽しむとか…、ってのも面白そうなんですが…。

しかし、MFレンズ沼はあまりに危険過ぎるので近づきません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。