タグ別アーカイブ: XF14mm F2.8 R

フジノン XF55-200mmF3.5-4.8 Rが出た!

DSCF2252-1
FUJIFILM X-Pro1+XF14mm F2.8 R

富士フイルムのズームレンズ第二弾の「Fujinon XF55-200mmF3.5-4.8 R」がいらっしゃいました。
五月あたりに発売のようで。
その次はXF27mmのパンケーキレンズ、更に次にはXF23mm、XF10-24mmと来て来年1月あたりにXF56mmなようです。
しかもそのXF56mmはどうやらF1.2らしい。
フルサイズ換算で84mmF1.8って感じですかね。

その他、Carl ZeissからPlanar 32mm、Makro-Planar 50mm、Distagon 12mmの3本がでるようで。
しかもオートフォーカスと来たもんだ。

世間は新型GRに夢中だとは思いますが。FUJIFILMもイイ感じでレンズを増やしております。

続きを読む

真ん中で by XF14mm

DSCF2265-1
FUJIFILM X-Pro1+XF14mm F2.8 R

来ましたね(たぶん)、新型GRのGRD5が。センサーはAPS-Cを積んで。しかも思ったよりもコンパクト。
PVがYouTubeに上がってますが見た目は歴代GRDと同じ形状。
色々と進化してるようです。

ま、私はGRD4君を壊れるまで使って行きましょ。
あ、壊れても延長保証で修理出来るし。

これからはAPS-Cセンサーを乗せたコンパクトカメラが続々と登場してくるんでしょうかね。

この木なんの木気になる木 by XF14mm

DSCF2219
FUJIFILM X-Pro1+XF14mm F2.8 R

別になんの木でも構わないのですが、この木を撮ってるときに脳内でループしていたフレーズがタイトルの言葉。

X-Pro1とX100Sの二台持ちで色々と撮り歩き、撮った写真をLightRoomに取り込んでフィルムシミュレーションの設定を写真毎にタグ付けするのですが、も〜〜〜〜、めんどくさい(笑)。
途中でやめました。

路地裏のようなシーンならPRO Neg. Std.やPRO Neg. Hi一択で構わないのですが、新緑や春の光と影、花などを撮るときは色々と設定を変えたくなります。

続きを読む

モノクロ XF14mm f2.8R

DSCF1986-2
FUJIFILM X-Pro1+XF14mm F2.8 R

どーも気の利いたタイトルが浮かばなくて困ります。

話は変わって、「怒り」

ものを食べているときに口の中の内壁や唇を噛んだ時の怒りと、足の小指を柱の角等にぶつけた時や、しゃがんだ時にちゃぶ台の角で尾骨を痛打した時のそれは同じ気がする。
自分の内に向けられる何とも言えない怒り。

次回に続きます…(笑)