Nikon D700 + Voigtlander (フォクトレンダー)NOKTON 58mm F1.4 SLII(Ai-S)
Color Efex Pro 4(Fuji PRO 800Z)

数年前に買った「絞りとシャッター速度」についての本を見直している。

当時は何も分かっていない状態(今もたいして分かっていませんけど)で、家に帰って本をよく見たら、フィルムカメラがメインの内容で「あちゃ~!」って思った記憶がある。
「げっ、2002年の本じゃまいかっ!」とも思いました(笑)

でも最近改めて見直すととても勉強になりますね。

特にフルサイズを買ってD90との違いを感じていたので、画面サイズ(フイルムフォーマット)によるボケの違い、焦点距離によるボケの違い、ピント位置によるボケの違いを頭の中で整理するにはいい勉強になりました。
(整理しただけで、使いこなせるかは先の話と言う事で…)

画角は意識しやすいけど被写界深度を意図的に意識する撮り方。

大口径の明るいレンズはボケるよね~、

イイヨネ~( ̄▽ ̄)、

と思うだけでなく、カメラやレンズの特性ををしっかりと引き出した撮り方をしていきたいですね。

スナップ中心ですけど、中望遠やフルサイズを使うようになったら意識していきたいポイントです。

接写して後ボケとろとろな撮影も楽しいですけど、中望遠でじんわり後ボケをコントロールしながら被写体を浮かび上がらせたら、また楽し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。