光と影とライカの本と

DSCF1459astia
ASTIA

X20はコンデジとしてはよく写るのですが、線が少しカタい気もするので、試しにSharpを最弱の−2に設定してみた。
これでしばらく撮ってみてどう感じるか。

「マンゴープリンの写真家さん」、←決してこの表現は馬鹿にしているわけでは無く、美味しいマンゴープリンを一生懸命紹介している記事がほほえましかったのでそう書いているだけですので誤解の無いようにお願いします。

そのマンゴープリン…では無くて、アザラシ写真家…では無くて、動物写真家の方のブログでバブルと彩度の関係の記事が面白かった。
写真家さんならではの視点だよなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。