三晃精機のLマウントアダプター(X-Pro1用)

DSCF2221
X100S

エルマーの時は純正グリップを外し、親指グリップのみで極力軽くして使ってます。
とは言っても約120gのエルマー(Elmar 5cm F3.5)と約80gのマウントアダプター合計で約200gなんで、XF35mmと変わりませんが。


DSCF2227

しかし、純正のXF56mmだと大きさも重さも結構な塩梅になりそうな予感がするので、換算75mmの画角でこれだけコンパクトで軽いエルマーさんは中々ステキだと思うのですが。

このElmar 5cmをX-Pro1に装着するには、ライカLマウント用のマウントアダプターを使うのですが、私が購入したのは精度が高い国産の三晃精機製。

Lマウントはスクリュータイプなのですが、安い製品だときっちり真上に表示が来ないヤツもあるそうなので、クオリティ高しな三晃精機のマウントアダプターをチョイス。

無限ロックボタンも干渉せずに問題なく使えますし、表示もピタリ真上に来ます。

DSCF2224

沈胴エルマーは本体装着時に沈胴させるとカメラ本体を壊す可能性があるので、沈胴させないようにと購入店で言われましたが、このマウントアダプターはアダプターの底に縁?(ストッパー?)があり、沈胴させてもしっかりそこで止まるようになってます。
なので、完全には沈胴しなく、上記の写真のような感じになります。
ただ、この事は三晃精機の公式サイトでは謳っていないので個体差で違いがあるのかもしれませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。