FUJIFILMのXF60mmを触ってみて

DSCF2084-1
FUJIFILM X100S
shadow -1 、hilight +1、Exposure compensation (露出補正)+1/3

量販店でフジノンレンズのXF60mmを触ってみた。
デカイと思ってたけど、想像してたのよりはコンパクト。
たぶん、フードがエラい長いとは思いますが。
各所でものすごくAFがトロいと書かれていたので、どんだけ遅いのかと気にかけながら装着。
付けた瞬間に「ファームウェア更新して下さい」とX-Pro1&X-E1に注意される。
やはり量販店だとずーと更新していないのでしょうね。

最初、X-Pro1にXF60mmを付けたのだが、メモリーカードが未挿入って表示が出てウザイので隣のX-E1に再装着。

少しいじった感想は、速くは無いけど困ることも無いであろうAF速度かなって感じです。
確かにフォーカスの位置が前後にかなりずれると迷ったり遅かったりしますが、ちょっとずつずらしていけば(笑)、問題無さそう。

描写には定評があるXF60mmなので気になるところではありますが、来年1月あたりにはXF56mmが出ますしね~。
XF56mmはF値が1.2みたいだし、期待が高まりますよね。
XF60mmはマクロで寄れるのが魅力ではあるのですが…。
マクロと言えば、カールツァイスからマクロプラナーがXマウントで出るし。
こちらも非常に気になるレンズです。

まぁ、マクロてきな撮り方は自分はしないしなぁ。
寄って撮るならGR DIGITAL 4やX100Sの方で撮れば良いし…。
Makro-Planar 50mmは単純に描写が気になりますけど。

何はともあれ、楽しみが増えて困ります(笑)

本命はもちろん、XF56mm F1.2なのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。