ブラインドとカーテン

DSCF3120
X100S vscofilm 01

X100Sが退院してきた。ちょうど1週間の入院。
入院費は保険適用で900円。(笑)

元々初期不良があった状態で約1年使ってきたのだが、不具合が無くなったX100Sを使うと嬉しいものだ。
マイナスからゼロに戻っただけなのになんで嬉しいんだろうと、ちょっと不思議な気持ちです(笑)

X100S特有のゆるい電源スイッチもダメモトで「ゆるいのですが」と申請しておいたが、仕様だそうで調整は却下でした(笑)
ちょっと触れるだけで電源オンになるんだよねぇ。

で、2分後に「チャッ」っていう自動スリープモード的なやつに突入する作動音で気が付くと言う。
X-Pro1でもそうなのだが、この「チャッ」て音はX系ユーザーのoff忘れあるあるかな(笑)

ブラインドとカーテン」への2件のフィードバック

  1. ひなちょん

    入院費900円は安いです、良かったですね^^
    そして私は何だかフィルム写真を撮りたくなったので、明日二眼レフカメラを持ってちょっとお出かけして来ます。
    二眼レフカメラは、学研のふろくで組み立てたヤツです(笑)
    多分変な写真がいっぱい撮れると思われます( ̄- ̄)

    返信
    1. Photo714Photo714 投稿作成者

      ひな氏、

      病院のような3割負担ではなくて良かったです(笑)
      基盤交換らしいのでエライこっちゃな金額が予想されます。
      ま、初期不良なんですが(笑)

      おー、フィルムですか、面倒だけど楽しいよね。デジタルとは違った風味を楽しめるし。
      ふろくから本物へ目覚める日も近いな(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。