「We Love ハッセル」展

DSCF5362
X-Pro1 Ernst Leitz Wetzlar Summaron 3.5cm f3.5(A36)

ふらっと、ブラッドな写真の展示会へ。

とても良かったです。

フィルムの色、トーンが素敵でした。

カラーもモノクロも。

プリント紙との組み合わせもまた人それぞれで。
(印画紙とインクジェット紙が混ざっているようなのであえて「プリント紙」としました)

真四角な写真の奥深さも堪能しました。

自分的には中判方面に進む予定はありませんが、フィルムカメラ、フィルム写真が好きな方達の力作を見て色々と刺激を受けました。

また、プロの写真家さんの手焼きのモノクロームの写真も展示してありましたが、とても素晴らしかったです。

マジマジとじっくりと観賞してきました。

また、アンケートのお願いがあり、見た作品の中で良かった作品を三つ選んで下さいとの事でしたが、それぞれ味があり、雰囲気も良くて、三作品を選ぶのに相当ウンウンと唸りました(笑)

更に、選んだ理由も書くのですが、それもまた難しい(笑)
写真の良さを文章化するだけのスキルが自分には…無い。

モノクロでとても好みのマットなトーンの写真があったのだが、アンケートで選ばなかった。
使用しているプリント紙が絹目調だったら選んだのになぁ…とか、紙の好みも入ってくるのでプリントって面白いなと改めて思いました。

こちらの展示会の応募された作品の額にはガラスが入っていないので、紙の質感も堪能できて良かったです。
ガラス越しだと反射して自分が写ったりしますしね。
(展示場の光の方向にもよるんでしょうけど)

こちらの展示場は光の塩梅もとても良かったです。

「We Love ハッセル」展」への2件のフィードバック

  1. majin

    おはようございます。

    またまた危険な処を鑑賞に行きますねぇ(笑
    ブローニーサイズの表現力は凄く危険ですよね
    昔、645にハマりました、、
    ペンタ645買えなくてマミヤ645でしたが、未だにその時のフィルム見ると良いなぁ〜って思います。
    しかも、ハッセルなんてデッカいレンズ使ったツァイスですよ〜
    僕なんか怖くて怖くて近寄れませんて、、、
    大きく引き延ばすとフォーマットの大きさと解像度の高いレンズの威力をまざまざと感じますから
    やれ、フルサイズのデジタルが〜とか吹き飛びますもん。

    、、、ハッセルのデジタルとライカS、、これもっとやばいですが、、
    あ、手頃なペンタ645Dでもすっげーすよ(手頃と言ってもライカM240を超える金額ですが)

    昨日、X30買ってきました。ヨドのポイントで(笑

    これ、普段カバンに投げ込んで持ち歩くのに結構良いかも♪

    返信
    1. Photo714Photo714 投稿作成者

      majinさん、こんばんは。

      中判を見たいと言うより、フィルムのプリントを色々と観賞したかったのと、プロのモノクロを見たくて行ったのですが、仰るようにブローニーサイズの表現力は凄く危険でした(笑)
      たしかに、フルサイズのデジタルでも敵わない表現力がそこにありますよね。
      ただ、自分の中での方向性が違うので踏みとどまれています。
      方向性というか、写真の手前にある苦労ですかね。重さとか維持費とか、表現するまでの費用とか諸々…(笑)

      ライカS、銀座で見ましたが確かに凄かったです。…が、それ以上に値段もえげつなかったです(笑)
      中判デジタルも凄いですよね。
      でも、自分的にはM3にオールドレンズ、X-Pro1にオールドレンズで細々と遊ぶのがバランス的に丁度良いと思い始めた感じです。
      それ以上を求めると(金銭的な)弊害が色々と生じるなと(笑)

      X30、以前にファインダーを覗きましたが良く出来ていますよね。
      他のコンパクトと比べたら多少はでかくなりますが、それでもカバン等に入れて持ち歩くには丁度良いですし。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。