向日葵

DSCF5039
X-Pro1 Elmar 5cm F2.8

カラーはカラーで面白いのだけれど、フィルムをやるようになってモノクロの面白さにハマると、デジタルでモノクロ専用機が出るのもわかるようになった。

ただ、「買えるか?」と言ったらまた別なのですが(笑)

向日葵」への2件のフィードバック

  1. majin

    こんばんは。

    そのモノクロ専用機を無茶して買った者ですが、、、(笑
    いまはちょっと後悔が、、
    手に入れるために手放したカメラやレンズの方が、、ってやつにね(涙

    物として持つ喜びや機械としての満足感はダントツだし、画像も階調の素晴らしいグレーで美しい、、
    でもね、フィルムでしっかり撮ってしっかり焼いた写真には敵わないですよ(涙
    モニターで観るとMモノクロームの圧勝なんですがね、、、

    勉強しましたよ
    テクノロジーというものの進化と進歩と焼き直しの違いを、、
    デジタルで表現する事、アナログで表現する事、向き不向きってやつが在るってね
    まぁ、あくまで僕の観点、感覚からの感想ですが。

    主さんのレンズから出てくる絵を観るとよ〜く感じますよ

    返信
    1. Photo714Photo714 投稿作成者

      majinさん、こんばんは。

      >物として持つ喜びや機械としての満足感はダントツだし、画像も階調の素晴らしいグレーで美しい

      ですです、喜びや満足感を求めて吸い寄せられるんですよね、Leicaに。
      モノクロ専用にチューニングされたMモノクロームの写りも別格でしょうし。

      「レンジファインダーを覗きたい、Leicaのフィーリングを楽みたい、APS-Cの進歩はよくわかってるけどやっぱりフルサイズなんだよなぁ」ってな要素が強くて何だかんだで常に気になっているのがデジタルライカです(笑)

      富士のX-Pro1の後継機でOVFの中央にデジタルスプリットを配置した感じのフルサイズが出たら最高なんですけど(笑)

      >フィルムでしっかり撮ってしっかり焼いた写真には敵わないですよ
      >デジタルで表現する事、アナログで表現する事、向き不向きってやつが在るってね

      やはりそうなんですね。
      モニターに最適化されたデジカメ、紙に最適化されたフィルム。
      時代の流れは完全にデジタルでフィルムは衰退の一途を辿る一方ですが、そんな素晴らしい技術は残して欲しいものです。

      自分はまだモニター上に写し出された画像を見て一喜一憂しているだけですが、そのうち自家現像も始めてもう一段上のフィルムカメラの楽しみを堪能したいです。
      で、ゆくゆくはそのもう一段上の世界も見てみたい。
      そういう思いを心に秘めておくのも写真の楽しみのひとつですね(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。