Rollei35用の目測表(被写界深度表)

kyo14010501

Rollei 35(ローライ35)の復刻版?の取説PDFから、目測の参考になるようにと被写界深度表を作ってみた。
取説の深度表は距離が細かすぎるし自分にとっては見にくいので、実用的な範囲でピックアップして作り直した。

 

14010501moku

近距離での開放の被写界深度は6センチとかなので、その辺を書いても仕方がない(きっちりその距離で合わせるしかない)ので、深度として実用的な幅20センチ以降のところだけを抜き出した。

距離はメートルとフィートで。
Rollei35は上部がメートル表記、Rollei35Sは上部がフィート表記なのでそれぞれでわかるように。

ちなみに1.8m(6feet)の距離は公式の取説には記載が無かったので、ネットの被写界深度計算サイトで調べたものなのであくまで参考にってな感じです。
(公式よりちょっと広め(深め)な感じですし)

基本的に絞りをF8、距離を6mにセットすれば手前は3.5mから、奥は23mまでピントが合うので、ここにセットしておけば大概のスナップには事足りそうですよね。

あとは距離を「∞」で絞りをF11にすれば、6mから向こう側をパシッと写してくれると。
ローライ35系はF8〜F11あたりが一番パシッとした描写らしいですし。

こちらは近距離用の目測目安表

最短撮影距離で尚且つ開放で撮りたい時に、ある意味安心を得るための被写界深度表(笑)
こちらも公式の取説よりピックアップ。

14010502moku

この表を見ると、「○○センチはマージンがあるのね」と、ちょっと心に余裕を持つことが出来ます(笑)

たとえば、f2.8の開放で0.9mの最短撮影距離で撮ろうと思った時、
「前後3cm以内ならOKだね…ゴクリ…( ̄д ̄;)」と。

上記の表をiPhone等のスマホにブチ込んでおけば、ちょっとした時に確認出来ていいかなと。
自分の場合はカメラの取説PDFやこの被写界深度表、EV値一覧表をiPhoneのGoodReaderと言うアプリにぶち込んでいます。

上記の表は、あくまで目安と言うことでお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。