FUJIFILMのプロネガ

DSCF2647
X-Pro1 Elmar 5cm F3.5 PRO Neg. Std.

PRO Neg. Std.は彩度が控えめで一見、眠い感じの写りになるので使いどころを考えてしまいますが、これはこれでイイ味なんですよね。
特に、エルマーさんなどのオールドレンズで使いたくなる。
すると更に眠くなっちゃいますけど(笑)

あちこちで見かけるこのプロネガスタンダード(PRO Neg. Std.)のフレーズは、室内でのポートレイトに最適と。
確かに人の肌を優しく写すんだよなぁ。
まぁ、ポートレイトは撮らんからアレですけど。

LeicaのM9やX1のjpegの渋い色もとても魅力的なのですが、FujiのXシリーズのプロネガもイイと思うのだけれど。

コントラストが高くてメリハリのある写りとは対極なので、中々一般受けはしないとは思いますが、出来るだけ使っていきたいフィルムシミュレーション。

X20あたりのセンサーだとASTIAで撮って、X-Pro1やX100SではPRO Neg. HiかPRO Neg. Std.を中心に。
jpegの設定は。
まぁ、PROVIAもいいんだけど、自然で(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。