LightRoomでJpegのみを選択表示(抽出)

DSCF2057-1
FUJIFILM X100S

富士のX-Pro1やX100Sでフィルムシミュレーションを使うようになってRAWだけで無くjpegファイルの使用頻度がかなり上がった。
その写真ファイルの管理にはLightRoomを使っている。
LightRoomは基本的にRAW現像ソフトではあるが、写真管理にも長けている。
ただ、RAWとJPEG(jpg)を分離して管理する方法が分からなかった。
(JPEGだけを抽出して表示したかった)

色々といじっていて何とかjpegファイルだけを選択して表示する方法が分かったので、管理が非常に楽になった。
SDカードからLightRoomにファイルを読み込み終わったら一括選択してX-Pro1なりX100Sのキーワードタグを付けて、次にJPEGファイルだけを抽出してJPEGのタグを一括で付ける。
なぜ、わざわざJPEGタグを付けるかと言うと、ファイル種別抽出とキーワードの検索が同時に出来ないので。

おかげで、X-Pro1とX100Sとjpegにまとめてサクッとタグを付けて、X-Pro1のRAWだけを表示とか、X100Sのjpegだけを表示とか出来るようになった。
その抽出したJPEGファイルにPROVIAとかASTIAとかPRO Neg. HiとかPRO Neg. Std.とかのタグを付ければ良いので。

130430-0006
グリッド表示

130430-0005
ルーペ表示

なんだかわかりにくい文章だけど…まぁいいや。(笑)
興味ある人はいないと思いますので。
自分用の備忘録的な感じで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。