XF14mm F2.8が欲しくなるとか…

DSCF1543-2

FUJIFILM X-Pro1 + XF 35mm F1.4 R

今日はウダウダとXF14mmレンズの話が続きます(笑)
興味の無い方はスルーの方向でお願い致します。

超広角レンズとしてフジノンレンズのXF10-24mmを待っていましたが、一向に出る気配がありません。
標準ズームの18-55mmの売れ行きが好調なようで、他のレンズの生産が追いつかないような話もちらほらと。
五月にフジノンレンズのラインナップに加わるのが、XF55-200mmのようで、その他のレンズは発売が遅れるみたいですね。
個人的には最初に欲しいと思ったのがXF23mm f1.4(換算約35mm)。
で、あれこれと妄想しているうちに欲しくなったのがXF10-24mm。
換算35mm近辺までカバーするし、超広角の(換算)15mmの世界もおもしろそうだよなと思って。
基本、広角は苦手なのですが、ここまで広角だと開き直って楽しいかなと(笑)

と、妄想をしつつ待っていましたが、候補のレンズの発売予定が来年にズレ込みそう。
ってことで妄想を軌道修正。
XF10-24mmはやっぱりいらないんじゃね?妄想にシフトチェンジ。

CP+2013で展示されたレンズの写真を見ると、XF55-200mmはデカくて590gもある。
その近辺にあったXF10-24mmの大きさから重量を予想すると結構ありそう。
しかもレンズ径も相当な大きさで。
で、値段も高そうだよね…と。
コンパクトなカメラにあまりデカイ(重い)レンズは付けたくないし…。
(X-Pro1はコンパクトなのか?と言うまっとうな突っ込みは受け付けませんw)

で、やっぱり初心に返って「XF23mm f1.4」かなぁ…という気持ちが。
しかし、XF23mm f1.4は結構長いレンズなんですよね。
これにフードを付けたら…。

換算で50mmと35mmのレンズ体勢は魅力なのですが。
だが、XF23mm f1.4の発売も年末から来年にズレ込みそうなんですよね。

ってな感じで、あーだこーだと妄想していたら、今まで候補に無かった「XF14mm F2.8R」が急に候補に挙がってきた。
換算21mmの使いどころが難しいなぁと思い、最初はまったく興味は無かったのですが、ボチボチあがり始めた作例を見ると、結構良い感じなんですよね。
昔、コンデジの24mmで違和感を感じたパースも少ないし、あおって迫力を出す撮り方以外にも使えそうなレンズだなと。

何よりも少し絞ればX-Pro1のOVFでバシバシ撮れるんじゃねーのと。
(一番はこれなんですよね。OVFをもっと活用したい)
それに超広角だけどF値が2.8なんで寄ればボケるし楽しそうなレンズっぽいよなと。

どこにもこのXF14mm F2.8Rの重量を乗せて無いので重さが分からないのですが、大きさ的には上記の候補のレンズよりも小さいし軽そうな感じがするんだよな。

今度、展示してあるレンズを触ってこよう、そうしよう。

このレンズの最大の壁は…値段…(笑)

しかし、このレンズ、ボチボチと作例があがりだしたとは言え、本当に情報が少ない。
ブログで書いている人も少ししかいないし、某価格掲示板でもあまり話題になっていない。
(そもそもXレンズ自体があまり話題になっていない…悲しい)

YouTubeに外人さんが14mmレンズでのX-Pro1のOVFの見え方とか上げてあるかなーと思ったら無いし(笑)
高いから人気が無いのかなぁ…。
レンズのクオリティは相当高いと思うけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。