X-Pro1のRAWとjpeg(フィルムシミュレーション)

DSCF1535-1

FUJIFILM X-Pro1 + XF 35mm F1.4 R PRO Neg. Std. WB:AUTO

実験と言うほどの大それたものではありませんが、X-Pro1のRAWからのストレート現像とjpegのフィルムシミュレーションとの比較。

DSCF1535-2

RAWからストレート現像 WB:AUTO

RAWからストレート現像のほうがホワイトバランスがオートだとじゃっかんシャドー部分がシアン転び気味な感じで。
これはこれでちょっとフィルムテイストで、個人的には好きだったりしますけど。

現像ソフト(Adobe LightRoom)がガッツリ対応したらRAWの描写は違うのかもしれませんが、純粋にストレート現像だとjpegの解像度のほうが高いですね。

手をかけて要所をしめれば変わりますけど。

LightRoomは、SIGMAのDPシリーズとか一向に対応しませんから、富士のXシリーズも一向に対応しないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。