階段

DSCF0604-1

FUJIFILM X-Pro1 + XF 35mm F1.4 R

最近はカラーにしてもモノクロにしても普通がお気に入り。
X-Pro1のjpegのフイルムシミュレーションでPROVIAやPRO Neg. HiやPRO Neg. Std.
締めたいときはASTIA。

そのときの気分や被写体の雰囲気で変えるのもまた楽しい。

上の写真は以前に撮ったのでRAWをLightRoomで普通に現像しただけですが。

GRDで撮る時はスタンダードかポジフィルム調。
ポジフィルム調は普通と言えるかはわかりませんが。

今まではRAWからの現像でしたが、最近ではjpeg撮りで十分だなと。
自分の好みでの話ですけど。

現像が面倒に感じてきたのとX-Pro1はRAWを開くのも書き出すのも読み込むのも時間がかかりますしね。
GRDもスタンダードならRAW+jpegで記録できたとは思いますが、ポジ調だと確かjpegだけでしか記録出来なかったと思いますし。

そんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

海外スパム対策で簡単な計算式を導入しました。漢数字も混ざっていますが、入力は半角数字になります。お手数おかけします。m(_ _)m *

【注】メールアドレス、サイトURLは必須ではありません。